茨城県有数の観光地・水戸市を旅したい人向けのお役立ち情報

水戸市の位置やアクセス情報

水戸市は茨城県の東部に位置しており、JR常磐線・臨海大洗鹿島線などが通っています。江戸時代に日本を統治していた徳川健の一派である水戸徳川家の本拠地で、江戸時代に大きな発展を遂げた歴史をもちます。JR常盤線を「ひたち」「ときわ」という2つの特急電車が走っており、例えば東京駅からであれば約1時間半・いわき市のいわき駅から約1時間で直通です。また市内を常磐自動車道が通っているため車でも東京や福島から短時間でアクセスできます。1泊の旅行でもかなり長時間現地に滞在していられるので、週末などに名所がたくさんある水戸を旅してみるのはどうですか?

水戸市の観光スポット情報

水戸市は国民的な人気を誇る民放テレビドラマ(時代劇)の主人公で、江戸幕府を開いた徳川家初代将軍の孫である人物の出身地です。水戸駅のそばには銅像・生誕地など、その人物の関連スポットが多数あるので電車で水戸駅に降り立った場合は、是非それらのスポットに立ち寄ってみてください。また、天守閣は現存していないものの水戸駅北口には水戸城跡がありますし、跡地そばには水戸城二の丸展示館という博物館が建てられています。その他、水戸駅の西側に位置する偕楽園という江戸時代に造られた公園内にも水戸徳川家や江戸の徳川家に関する約3万点の貴重な品々を展示する博物館があって人気です。

食事は納豆関連グルメがおすすめ

茨城県水戸市は日本有数の納豆生産地として知られ、「水戸納豆」は圧倒的なブランド力を誇ります。市内には納豆関連料理を提供している飲食店が多数出店していますので、市内で食事をする際は納豆に関連したものを注文してみるのがおすすめです。

ヤートラルートがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です