東京や埼玉から鬼怒川温泉まで温泉旅行に行きたい場合のアクセス方法は?

鬼怒川温泉は日本有数の温泉地

栃木県日光市東部の鬼怒川温泉大原という地区に広がる鬼怒川温泉は、日本三名泉の選ばれている3つの温泉地と同じくらいのブランド力を誇ります。江戸時代に温泉地としての開発が始まったものの当時は大名など一部の人物しか入る事はできませんでした。明治時代に入ると一般開放されて昭和時代に入ると日本を代表する温泉地の一つにまで成長し、今でも週末の温泉街は遠方から来た人達で賑わっています。

浅草駅や新宿駅から直通

鬼怒川温泉は東京都心や埼玉県東部からのアクセス環境が良好で、台東区の浅草駅を始発駅とする東武鉄道特急に乗車すると鬼怒川温泉駅まで約2時間です。さらに一部の特急は山手線西側の新宿駅を始発駅としており、新宿駅を出発した特急きぬがわは約2時間10分で鬼怒川温泉駅まで到着します。ちなみに東武線特急きぬがわは、埼玉県内で言うと浅草駅を始発駅とする号は春日部駅・新宿駅を始発駅とする号は浦和駅・大宮駅から乗車する事が可能です。その他、車で向かいたい場合は東北自動車道・日光宇都宮道路を通って日光ICまで来たのち鬼怒バイパスを北上する形になります。

鬼怒川温泉エリアの名所情報

鬼怒川温泉とは鬼怒川という河川の東岸に広がっている温泉街で、4月から11月まで実施しているライン下りが人気です。また、日本三大名瀑の一つに数えられる日光市内の華厳の滝までは相当な距離があるものの鬼怒川の西岸エリアには古釜の滝があります。その他、少し足を延ばすと隣駅の東武ワールドスクウェア駅そばに関東有数の人気を誇るテーマパークがあるほか小佐越駅付近の観光スポットも身近な存在です。

ヤートラルートがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です